,外壁,屋根,塗装,飯田市," /> |飯田市の外壁塗装・屋根塗装の事なら【株式会社横井塗装】" /> 。"/> 。" />
0265-48-0265

事業紹介

株式会社横井は、長野県内はもとより関東、中部、北陸の一般住宅や別荘、ビル、マンション、公共施設に至るまで、屋根塗装や外壁塗装を得意とする会社です。登録建設塗装基幹技能者や一級塗装技能士といった一級の資格を揃え、間違いのない施工をおこなう自信があります。

最先端技術

次世代の塗料と呼ばれる熱交換塗料の甲信越地区取次店です。

責任施工特殊工事

耐用年数30年無機塗料、伸びる塗料など最先端塗料を扱います。

株式会社横井では次のような最先端塗料を責任施工いたします。特殊工事にも強い技術力を持っています。

耐用年数30年無機塗料

「塗るタイル」ともいわれる期待耐用年数約30年を誇る新時代無機塗料「タテイル」。劣化を知らない「無機」とフレキシブル性を有する「有機」、お互いの特徴を併せ持った塗料です。

伸びる塗料

伸縮する塗膜が水の浸入を防ぎます。一般塗料では外壁にひびが入ると塗膜も一緒に裂け、水が建物内に侵入してしまいますが、伸びる塗料ではひび割れに塗膜が追随し、水が浸入する隙間を作りません。

多彩模様塗料

優美な色彩と輝きの調和、多彩な色と上質な光沢、華やかな重厚感の演出。従来の塗料では表現できない豪華な質感、深みのある彩を表現できる塗料です。

錆止め

「錆を活かす」という逆転の発想から生まれた防錆プライマーは錆の上から塗ることができ、多大な労力と経費が必要な下地処理(ケレン)を軽減する、強力な防錆効果を発揮する防錆剤です。

業務内容

住宅・建設業に伴う、塗装防水工事、建築工事。
上記に付帯する一切の業務。

塗装工事

一級塗装技能士
登録建設塗装基幹技能者

が在籍する塗装業者です。

吹き付け工事

大型とっかん物件の吹き付け工事。
他社にはない機械を使い特殊な吹き付け工事を行っております。

ベランダ・屋上等
防水工事

大型物件対応。雨漏れを防ぐための防水工事を行っております。

建築工事
コンクリート構造物補修工事

補修工事は劣化現象を修復し、コンクリート構造物をより永く維持させるために大切なものです。

建築工事
防塵塗装工事

塗り床(合成樹脂系)。工場の床などの防塵塗装工事を行っております。

株式会社横井では、外壁塗装・屋根塗装を中心に、建築物に関するありとあらゆる塗装を手がけています。

建築塗装
私たちの暮らしを支えている建築物は、美しく彩られることでより快適な生活が営まれるように工夫されています。新築・リフォームを問わず、お客様の笑顔をいただける仕上がりをお値打ちに提供いたします。
外壁塗装
外壁塗装には、景観を美しく保つ以外色々なメリットがあります。外壁の塗り替えや補修は、使用する材料によって耐震性や防火・防水性、断熱・遮熱性などの向上につながるので、建物の耐用年数延長に大きく貢献します。
屋根塗装
普段目にする機会もないので気づきにくいのですが、毎日雨風にさらされ続けている屋根は知らない間に劣化が進んでいます。劣化を放置すると、屋根の下地にまで腐食が進みます。早めの塗り替えをお勧めします。
防水工事
大型物件対応。雨漏れを防ぐためのベランダ・屋上等防水工事を行っております。
防塵塗装工事
塗り床(合成樹脂系)。工場の床などの防塵塗装工事を行っております。

屋根塗装

直射日光や風雨から住まいを守り、暑さ寒さを防ぐ屋根は、塗装が劣化しやすいため定期的なメンテナンスが必要です。劣化を放置していると、屋根の下地にまで腐食が進むことがあります。このような劣化を防ぐためには、変色が表れはじめたらサビが発生する前に塗り替える事が望ましいのですが、もしさびが発生してしまった場合はできるだけすばやく塗り替える必要があります。
横井では、お客様のご予算とご要望にあわせて最適な塗りかえりフォームを提供いたします。

外壁塗装

外壁塗装には、外観を美しくするだけでなく家の老朽化や劣化を防ぎ、傷みにくくするというメリットがあります。

外観の変化
以前と違う塗装にすればイメージチェンジになり外壁を塗りなおすことで外観がキレイになれば、建物の資産価値も上がります。
家の長寿命化
何年も外壁塗装をせずに放っておくと、コンクリート壁にひびが入ったり、鉄部分がさびてしまったり、木材の部分が腐敗してしまう事が考えられます。 それぞれに適した塗装工事を行う事で、建物の劣化を防ぐことができ、家の長寿命化にもつながります。
断熱・防水対策
外壁にヒビ割れなどがあると、そこから外気が入り熱が逃げてしまいます。また、ひび割れた壁から雨漏りすることもよくあります。外壁塗装をすることで、そういったひび割れなどを補修し、室内の冷暖房効率を上げる効果や家の構造を老化させないというメリットがあります。
自然環境からの保護
外壁塗装をすることで建物の表面に「塗膜」を張ることができ、この塗膜は自然環境から建物を守る大切な役割をしています。 雨風や強い直射日光などから建物が傷むのを防いでいます。特に最近では、断熱効果や遮熱効果のある外壁塗装に注目が集まっています。外気から家を守ることで夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができ、省エネにもつながります。

防水工事

FRP防水工事とウレタン防水工事

ウレタン防水は塗膜防水と言い防水塗料を塗布形成させて膜厚を作る防水です。ウレタン層の下にメッシュシートや補強布等を使用して引っ張り強度や引き裂き強度を強くする工法もありますがやはりウレタンはゴムであり屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、冬場の低温や真夏の高温による繰り返しでウレタンゴムが劣化します。
しっかりとした下地調整や水抜きを行わないと夏場に手の平サイズ位の浮きが発生してしまいます。
ウレタン防水の弱点として、立上げなどの膜厚がどうしても平面(平場)と違い均一になりません。

  • 割れに強い(やわらかい)
  • コンクリートに強い
  • 屋上などに向いている

FRP防水の場合はガラス繊維にポリエステル樹脂をしみこませていき、繊維と樹脂が一体化となり強力な防水膜をつくります。FRPは屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、冬場の低温や真夏の高温にも十分に対応できます。ウレタン防水のように夏場、部分的に膨らんだりすることはありません。立上げなどでも平面(平場)と同じ膜厚にすることが可能です。

  • 半永久的と言われている
  • 硬い(柔軟性がない)
  • 風呂がま、コンパネ下地にも使用されている

取扱いメーカー一覧

ご相談お待ちしております